サプリメント

効率的に痩せたい方へ|ダイエットはダイエット外来で

食物繊維と運動

栄養補助食品

腹筋で改善

便通を良くするためには運動と食物繊維が基本です。運動を行うことによって腸内の蠕動運動が活発になり、便を肛門まで運びやすくなり、便通が良くなります。そんな運動の中でも重要とされているのが腹筋です。なぜ腹筋を鍛えることによって便通が良くなるのか、それは排出時の「力み」です。便を排出する時、お腹に力を入れていきみ、排出します。その時、腹筋の力が弱いと排便が悪くなり、便が残りやすくなってしまうのです。そうして出口付近に便が残ると、便が乾燥してより排出しにくくなってしまいます。それが原因で便秘になってしまうのです。そのため、腹筋を鍛えて便通を良くすれば排便がスムースに行える他、腹筋によってお腹周りがスッキリするのでスタイルの改善にもつながります。

食物繊維で改善

腹筋以外にも便通を良くする手段が、食物繊維の摂取です。食物繊維は、腸内で消化されない栄養素の一つであり、主に腸内の掃除をするときに活躍してくれます。食物繊維を摂取することで、食付繊維が腸内の老廃物を絡め取り、ひとまとめにし、蠕動運動にて転がり、便として排泄されます。そのため、食物繊維を摂ることでより便の量が増え、腸内の掃除を行うことができるのです。なお、食物繊維といっても種類があり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二種類があります。この2つはそれぞれ特性が違い、便通を良くしたいのであれば水溶性食物繊維を取り、腸内環境を改善したいのであれば不溶性食物繊維を摂ることになります。